【生餃子工房いえやす(南区)】これを当たりといわず何という

20161207slog201

実は一年越しのリピート

以前40個くらい買ったけど、冷凍庫に入らず冷蔵庫で保管していたら、半解凍で皮同士がフュージョンしてしまい、泣く泣く水餃子にしたいきさつがある。

遠州サーフの中田島からはアクセスもいいので、「魚が釣れないから餃子で誤魔化そう」と、おみやにするのも悪くない。

スポンサーリンク

(家康は全然関係)ないです。

生餃子工房いえやす (浜松/餃子)

向かう先次第でちょっと行きにくい場所にある「いえやす」。Googleナビに導かれ、自分がどこにいるのかよくわからん場所から、最短ルートで届けてくれたので、天才集団はさすがです。

生餃子がメインですが、冷凍もちゃんとあります。

生餃子はどこも持ち帰りの注意点について聞かれます。市内在住の私は問題ないのですが──

沼津の干物より、「お兄さんどこから?何時間で帰る?氷追加する?」などと毎回聞かれるのは正直面倒くさい(ここまではいわれないけど)

かといって冷凍なら大丈夫かといわれると、そんなこともない。

暖かい季節は保冷剤がないと、持ち帰りする過程で溶けて皮がフュージョンしてしまうので注意しましょう。

正直いって美味しい

皮は薄めで焼いている最中にタネが透けるほど。強火でパリッと仕上げたい

味は平均値以上です。美味い物は美味いとしかいえないやろ!(逆ギレ)

皮の薄さに反してタネがみっちり入っているので、ボリューム感はあるし、何より野菜の旨味がいい。

焼きよりも鍋に入れる水餃子がイケるんじゃないかと……

そう思っていたら、鍋用の餃子も販売しているんですね。

プレゼントキャンペーン

12月10日は一周年記念らしく、キャンペーンもやっております。

去年行った時は、そういえばコート着てたなぁと思い出す。

総合得点では8点

1年越しのリピートしたくなる味です。

浜松餃子をそこそこ食べ比べた身としては、上位に食い込むほう。──けれど、食べログにレビューはないし、驚くほどネットでは名前があがってないな……。

20161207slog202

餃子屋で家康くんが居るパンフレットも、ここだけしかないかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で